Sunday, November 18, 2007

Ph.Dを取ってよかったと思うとき

Ph.D(博士)を取ってよかったと思うときがあります。(あるんですよ、ちゃんと!)

博士をもった研究者は決して試験管を持って、細胞見て、あるいはデータを見て、にひゃにひゃしているだけではありません。

「論理的に話す、あるいは書くことができる。説明することができる。必要な情報を探してきて、あるいは実験して証明して、それを効果的に使う」
アメリカのPh.Dコースはこの辺を徹底的に教え込むので、どんな分野に行っても使えるようになります。そこかアメリカのPh.Dコースの強みです。私は日本の博士ね。
さらにポスドクになると、磨きがかかる。

この訓練をうけていないと、
「英語話せるけれど論理的にならない→みんなが賛成してくれない。あるいは理解してもらえない」
という現象が生じます。
聞いていて「大丈夫?」とか思ってしまう。これが英語教室に行っていて気づいたこと。

私が英語教室で書いた2つ目のエッセイの最後に先生が書いた
This is a very wisely structured essay.
と言うコメントを見つけて、
「Ph.D持っててよかったー!!!!!」
と思った次第。
英語直されまくりだけどさ。真っ黒だけどさ。

ちなみに書いたエッセイは私の研究とぜーんぜん何の関係もないものです。

今日の教訓 実は博士は使える人種

過去のブログ
ファン発見!
日本は実は専門家が嫌い?
博士課程に行く女性
ポスドクという不思議な人種

No comments: