Sunday, September 7, 2008

ふたりのYさん

うちの親が電話かけてきた。
「この前宇宙飛行士の募集があったのだけれど、もう締め切ってしまったのよー! あなたにちょうど良かったのに!」

単に自分が行きたいだけだろう、と私は思うのだが。
ほおっておけば私の名前で勝手に応募する勢いである。

なになに? 応募条件は?
ということで、Googleで探ってみる。
国際宇宙ステーション搭乗宇宙飛行士募集

応募条件 以下【参考】宇宙飛行士候補者募集要項から転載
(1) 日本国籍を有すること。
(2) 大学(自然科学系※)卒業以上であること。
※)理学部、工学部、医学部、歯学部、薬学部、農学部等
(3) 自然科学系分野における研究、設計、開発、製造、運用等に3年以上の実務経験(平成20年6月20日現在)を有すること。
(なお、修士号取得者は1年、博士号取得者は3年の実務経験とみなします。)
(4) 宇宙飛行士としての訓練活動、幅広い分野の宇宙飛行活動等に円滑かつ柔軟に対応できる能力(科学知識、技術等)を有すること。
(5) 訓練時に必要な泳力(水着及び着衣で 75m: 25m x 3回 を泳げること。また、10分間立ち泳ぎが可能であること。)を有すること。
(6) 国際的な宇宙飛行士チームの一員として訓練を行い、円滑な意思の疎通が図れる英語能力を有すること。
(7) 宇宙飛行士としての訓練活動、長期宇宙滞在等に適応することのできる以下の項目を含む医学的、心理学的特性を有すること。
① 医学的特性
身長:158cm以上190cm以下
(注:宇宙服を着用して船外活動を行うには、約165cm以上が必要です。)
体重:50kg~95kg
血圧:最高血圧140mmHg以下かつ最低血圧90mmHg以下
視力:両眼とも矯正視力1.0以上
(注:裸眼視力の条件はありませんが屈折度等の基準があります。屈折度:+5.50~-5.50ジオプトリ以内、乱視度数:3.00ジオプトリまで、左右の屈折度の差:2.50ジオプトリまで。また、平成20年6月20日時点で、PRK手術・LASIK手術の後、1年間以上を経過して恒久的な副作用がない場合には医学基準を満足します。それぞれ医学検査時に評価します。)
色覚:正常
聴力:正常
② 心理学的特性
協調性、適応性、情緒安定性、意志力等国際的なチームの一員として長期間の宇宙飛行士業務に従事できる心理学的特性を有すること。
(8) 日本人の宇宙飛行士としてふさわしい教養等(美しい日本語、日本文化や国際社会・異文化等への造詣、自己の経験を活き活きと伝える豊かな表現力、人文科学分野の教養等)を有すること。
(9) 10年以上宇宙航空研究開発機構に勤務が可能であり、かつ、長期間にわたり海外での勤務が可能であること。
(10) 米国勤務当初に必要な国際免許の取得のため、日本の普通自動車免許を採用時までに取得可能なこと。
(11) 所属機関(又は、それに代わる機関)の推薦が得られること。

ふーーーーむ。
確かに条件を大抵満たしているが。 一応泳げるし。
そうだな。次の時は応募してみるかも。

ところで、この話をうちの親から聞く数日前に、私の友人も「宇宙飛行士になりたかったのに! 募集が終わっちゃったのよ」という話をしていた。

そこでハタと気づいたのだが、うちの親とこの友人名前が同じ。Yさんなのである。
うーーーーん。 この名前をつけると、こういう性格になるのかと、ちょっと考えてしまった。

今日の教訓 宇宙飛行士って、なりたい?

過去のブログ
子が子なら、親も親
ブログランキング・にほんブログ村へ

No comments: