Sunday, August 23, 2009

電話代のおはなし

Nobuさんの「プリペイド携帯電話に変えて節約」に続いて投稿。

私のはプリペイド携帯のVirgin Mobileである。アメリカに来たときからそう。ソーシャルセキュリティーナンバーが必要とか、2年契約とか、そういうのが面倒だったので、「プリペイドにすればいいよ」という友人の意見に従ってプリペイド携帯を買った。そのまま4年経っている。
今のところ電話代は20セント(20円)/分 3ヶ月に一回は20ドル(約2000円)を入れていかないと契約が切られる。大抵「もうすぐお金がなくなるから、最低20ドル入れてね!」というメールが来るので、そのとき20ドル入れている。 20ドルだと100分か。

どのくらい使っているか興味があったので、クレジットカードの請求書をQuicken(家計簿+資産管理ソフト)でチェックしてみた。1ヶ月に20ドル使っていない。ということは、240ドル以下だな。それにしても、普通の携帯って最低月45ドル、年540ドルなのかー。 知らなかったー。ここですでに300ドルの差があるなー。

ちなみにVirgin Mobileはアラスカでは全く通じなかったので、ご注意。 アメリカ国外で使えるかどうかは調べたこともないので不明。ただしアメリカ国外で使えるようにして、ふらっとしゃべった結果ものすごい請求書が来た!という話をよく聞くので、そういう心配がないだけマシなのかもしれない。学会でカナダ行ったときに友達がカナダで使えるようにしていたが、その帰りの空港で電話会社と長々としゃべって(もめて)いたことを考えても、そんな面倒なことは嫌いである。

そして日本にかけるときは、もっぱらSkype(スカイプ)である。
うちの親にもスカイプのアカウントを作ってもらったのだが、「何か」をしてしまったらしく、使えなくなった。それ以後私はSkype OutとUnlimited Countryを使っている。Unlimited Countryで日本を選んで、月5.95ドル(約600円)である。これで日本の固定電話にかけ放題で600円! (携帯はたぶんダメ) 私の場合、親に電話をかけると大抵親がしゃべりまくっているので、それを値段を気にせず聞ける(あるいはしゃべれる)のはいいことである。 ドイツにいた時は「電話代を払っているほうが話す権利がある」というルールがあったのだが、アメリカに来てからはそのルールもなくなった。 月5.95ドルしか払ってないしね。

4ヶ月前から使い始めたSkype のUnlimited Countryは年71.4ドル。ちなみに1年契約にすると60ドルちょっとで、さらにお徳感がある。家からアメリカの電話にかけるときも、友達とかだったら携帯だが、いろんな契約とかの電話はスカイプからかけたほうが回線が良かったりすることもある。

そういうことで、スカイプのためでも、普通の仕事でも、はたまたNetflixのWatch Instantlyで映画を見るのにもインターネットは重要である。 しかしテレビは値段のわりにコストパフォーマンスが悪いのでなし、もちろん家の電話はなし。RCNで契約してひと月65ドルぐらい払っている。この値段からすると10Mbpだな。

そうそう、電話で思い出したが、去年ドイツに遊びに行ったときの話である。
オランダのスキポール空港からミュンヘンへの飛行機に乗り換えようと思いきや飛行機の故障で12時間待たされることになった。 ドイツの友達に連絡しようと、公衆電話でクレジットカードを使ってオランダからドイツに電話をかけた。しゃべった内容は「飛行機が遅れて、何時ごろにつくことになったから」というだけのことである。2-3分ぐらいのものだろう。
その後クレジットカード会社から51ドル(約5000円)という請求書が来た。 つくづく今後はコンピューターをインターネットにつないでスカイプでしゃべるものだと思ったものである。

今日の教訓 結構節約できてるんじゃないの?

過去のブログ
ウルトラマンな携帯 (3分しか持たない携帯電話について)
なんでアメリカが世界一の国かさっぱりわからん その11 It's not ○○○castic at all (PhD studentの携帯電話の請求書が900ドルだった話)

No comments: