Saturday, April 11, 2009

TOEFL iBTの結果

BanffのKeystone meetingから帰ってきたら郵便受けにTOEFLからの手紙が入っていた。結果は非常にクリアでわかりやすい。

iBT(internet based test) 結果発表!
Reading(読む) 自分の設定した合格点達成 
Listening(聞く) 自分の設定した合格点達成
Speaking(話す) 論外にへにゃへにゃ 
Writing(書く) 改善の余地あり

ということで、Input(入力)は大丈夫だがOutput(出力)はまだダメ。 WritingとSpeakingを重点的に勉強すればいいのだ! ということがわかった。 ある意味ReadingとListeingは別に勉強しなくてもいいのかも! それでもEldest(ファンタジー小説)今読んでるし、BBC NewsPodNature PodcastScience Podcastも聞いてるけれど。

いいもの見つけた。 
駿台留学センター留学試験対策講座 TOEFL iBT (やっぱりこういうのは、予備校が強い)
2005-2006年 
日本人平均65点。
全世界平均79点。
大学学部留学レベル 79-80点

私の点は全世界平均点よりかは上。  つまり 「学部には留学できるレベル」らしい。 どこの大学かは知らないけど(笑)。
もちろん学生の時に受けたPBT(paper based test)の点よりは上昇している。 海外生活すると、私みたいに英語が嫌いで嫌いで仕方がなった人でも英語が良くなるようである。

祝!

そんな「へにゃへにゃの英語」で、1時間のセミナー(50分間パワーポイントを使いながらしゃべる+10分質疑応答)が出来るということは、我ながら度胸があるということか。それとも内容が聞く価値があれば、多少英語がまずくっても人は我慢して聞いてくれるということか。。。。。 あるいは聞く価値なくって寝ているか。。。。。
また5月にセミナーするし。

今日の教訓 今後はWritingとSpeakingを重点的に勉強することにする。 どの英語コースに行こうかしら?

過去のブログ
TOEFL受けてきた TOEFL iBTの感想
2つのセミナー、つつがなく終了 2008年11月にドイツで昔の同僚の前でセミナーをしたこと
にほんブログ村 海外生活ブログへ

No comments: