Monday, March 7, 2011

2010年のTax Return(税金申請)

ああだこうだとのばしのばしにしていた(?)、税金申請を今日終了。
今年もTurboTaxを使用した。 他のFI planningのメンバーであるNobuさんはDeluxe (Premierのワンランク下)を使っているらしい。NobuさんはちゃんとCD(DVD)を買っているらしい。 別のFI planningのメンバーであるF Friesさんは「勝手にPremierになってしまった」と言っている。他の州の人TurboTaxを州の税金申請に使用すると「間違いがー」ということもあるらしい。というところで、他の人はもっと複雑なことがあるのかもしれないが、給料とFidelity investmentsでの投資ぐらいしかない私には、比較的簡単なのであった。
それでも面倒くさいけれど!
さて、今年もFidelity investmentsのウェブサイトからいくとTurbo Taxは25% OFFになるのであった。ちなみにFidelity investmentsの顧客でなくても25% OFFらしいので、気になる人はどうぞ。
私はあまり深く考えずにTurboTax Premierを選択し、ついでにStateの方もe-fileを選択。
E-file Federal  $37.45
E-file State $27.70
合計 $69.22(税込み)

データをインターネット越しに入力していった。なぜか去年の情報を覚えていてくれたりするのであった。でも中途半端に覚えてくれていたりするのである。覚えてるんだったら全部覚えておいてよねー。 一番ずっこけそうな質問はMassachusettsのSales Tax(だったっけ?)の質問で、インターネットだとかでの買物で税金を払っていない物は税金を払えというもの。「そんなの覚えてるかー!」と思いつつ、あれこれ情報を集めて入力。

TurboTaxの料金を払ってからダウンロード、それを全部プリントアウト(38ページ 環境破壊?) して去年の書類をひっぱりだし、比較検討。
入力間違いを見つけたので、それを入力しなおし、わからないところは本物の書類をIRSのウェブサイトからダウンロードして読んだ。

最後の「E-fileを送ります」のボタンを押してから、実際に送った書類をまたダウンロードしてコンピューターに保存。2009年の税金申請書類は郵送してからしばらく着かなかったので、それからはe-fileを私は使用している。早くお金が返ってくるし、私のお気に入りである。ちなみにMassachusettsの場合では難しい申請でなければ、州のウェブサイトからe-fileを利用できるはずである。

あー、疲れた。

今日の教訓 2010年の税金申請終了。

過去のブログ
2009年のTax Return(税金申請)

No comments: