Tuesday, December 13, 2005

雪が積もりました

ボストンにも雪が積もった。
ドイツ ミュンヘンと同じく、一旦積もるとなかなか溶けない。
除雪車がガーガーと雪をどけている。
残念ながら全部は取らないので、凍ってしまい、スニーカーだとつるつる滑る!
車道は完全に溶けているのだが、歩道は全然である。
私のボスによると、家の前の歩道の雪かきをしないで人が転んで怪我をすると、法律により(またLaw?)、家の人の責任になるんだそうな。
結構聞いたことある話だ。ドイツでもそういう話を聞いたことがある。

ドイツ ミュンヘンのやり方は、歩道の雪をある程度どけて、でも除雪車は完全に取れないので、砂利をまくのだ。
撒かれた砂利というか小石は雪の中にはまるが、完全に埋まらず、滑り止めになる。
非常に歩きやすい。
日本では雪国に住んでいなかったので、これは雪国の方法か、それともドイツの方法なのか、いまいちわからなかった。
アメリカでも同じ方法があるのか、医学キャンパスの中の道は、ガラス(車のガラスのように尖っていないもの)が撒かれていて、キラキラしていた。
なら歩道も撒いてほしいものだが、それは各家の責任らしい。さすがなんでも自己責任のアメリカ。

スェーデンの北極圏に行ったときは、何も撒いていなかったな。もっとも私も親もスノーブーツをはいていたが。それでも時々滑っていたような気がする。

私の家の前の階段には、雪を溶かす塩が撒かれていた。日本でもよく橋のところに置いてあって凍結したらまく、あの塩である。
「うちは玄関に塩がまいてあったよー」と親に言ったら、うけていた。

今日の教訓 雪が降ったら、石をまく。

No comments: